FC2ブログ

旧暦 - 2


日没前のお茶の芽は綺麗に見えると言う話を聴いて、夕方撮ってみました。夕日の光が綺麗に見せてると言うより、昨夜から早朝にかけての12mmほどの雨のお陰かなと思います。久しぶりのちょっとまとまった雨で、茶の木も息を吹き返した様に見えます。
さて、旧暦の続きです。
旧暦のイメージは、日本古来の伝統文化という様なものでした。しかし、この旧暦による1年の天候予想をファッションビジネスの専門紙『繊研新聞』が今年の元旦に大きく取り上げていると聴いて驚きました。

新暦が太陽を基準にしているのに対して、旧暦は月が基準です。なるほどと思いました。1年は365日、太陽の公転周期は365.24日ですから、4年に一度の閏年で2月が29日まである … 大変スッキリと分かりやすい暦で理にかなってると思ってきました。
それに対して旧暦は、基本が月の運行ですから、上の図のように、新月から新月までが1ヶ月です。月の地球を周回する公転周期(朔望月)は29日と半日ほどなので、旧暦の1ヶ月は29日か30日です。朔望月は、月の満ち欠けの周期ですから、地球を固定しての公転周期とは長くなります。太陽の周りを周回する地球の公転方向と同じ方向に月も回っているからです。
太陽は地球から1億5千万kmもの距離にあります。例の地球を2mの球で考えても … 2万3千kmもの彼方になります。地球を650万分の1に縮めてもこの距離ですから、如何に遠くにあるか です。秒速30万kmの光でさえ、8分以上かかるのですから。
では、月はどうでしょう?月までの距離は、約38万kmです。地球を2mで月までの距離は … 58.5m です。太陽と比べて、極めて近い距離であることが分かると思います。(それでも、2mの地球から約60mも離れた所〈光でも1秒以上かかる〉を50cmほどの月が規則正しく周回してることを想像すると、凄いと思いませんか?)
というわけで、太陽に比べればはるかに小さい月ですが、非常に近い距離を周回している月の引力の天候に及ぼす影響は、太陽のそれに比べて大きいと考えるべきかもしれません。しかも、朔望月で考えているので、地球だけでなく、同時に太陽の位置も考慮している周期になっているのですから。
それでは、旧暦の示す今年の天候予想がどうだったか?そして、これからの予想はどうなっているのか?次回の記事で …

旧暦 - 1


今日は、茶農家仲間3人で講演会に行ってきました。
実は、今回の記事は最近の天気について書こうと思っていました。

(Yahoo 過去天気 より)
これは、今日午後3時の天気図です。このところの日本の天気の特徴は、秋雨前線とも思える前線が日本列島付近に東西に伸びていることが多く、特に昨日今日は、前線が南海上に南下し、北の高気圧の空気に覆われ、涼しさを感じるほどです。

(Yahoo 過去天気 より)
上は酷暑の昨年の8月28日の午後3時の天気図です。驚いたことに、昨年の今日も、形こそ違え、前線が伸びています。ただし、今年の今日の最高気温が26℃であるのに対して、昨年の今日は33℃もありましたが … 。
というように、過去の年の天気と今年の天気を比較して、これから天気を考えてみようと思っていました。
そんな矢先の今日の講演会でした。講師の先生はお二人で、最初の講演は茶の専門家の方のお話で、大変具体的で、明日から直ぐにでも試してみたいと思うようなお話でした。次の講演は、『旧暦と農業について』という演題で … (旧暦?今更、旧暦はないだろう、2人を説得して帰ろう)などと考えていましたが、そうこうしているうちに講演が始まってしまいました。講師の方は 大阪南太平洋協会の理事長 松村賢治氏 でした。
『 … 七夕の7月7日は、旧暦の7月7日なので、新暦では8月2日なのです。…』 で、私のスイッチが入りました。以前のブログ記事で 「 … 七夕は8月7日が良い …」と書いた記憶が蘇ったからです。私の考えは、7月7日より、1ヶ月ぐらい遅い方が、琴座や鷲座は夜8時~9時頃に南にきて見やすいと思ったからです。ところが、松村先生によると、月の運行を基本にしている旧暦の7月7日は、七夕の星(琴座のベガと鷲座のアルタイル)を隔てる天の川が月の光で見えなくなることからこの日が決まっているとのことでした。これまで、全く知らない事実でしたし、まさに腑に落ちる内容でした。
旧暦に急激に興味を抱きました。
(今夜はここまでにします。おやすみなさい。)

大阪桐蔭高校 優勝!

クローバーさん、いつもながら詳細に記事をお読み頂き、ありがとうございます。茶業情勢が厳しい中でも、地域のヒトを含めた自然を維持していこうと思っています。今日はまた独断と偏見に満ちた独り言記事です。お読み頂ければ嬉しいです。お茶とは全く関係ありません。組合員の皆さん、ごめんなさい。

(www.nikkansports.com より)
大阪桐蔭高校、優勝おめでとうございます。畑仕事しながら、休憩の度に試合の流れが変わる緊迫の対戦、見事でした。三重高校の最後の踏ん張りも素晴らしかったと思います。これぞ高校野球と思わせる戦いでした。甲子園の高校野球が終わると、夏も終わりだな と毎年感じます。
しかし、この甲子園大会を春、夏観戦しながらいつも感じるのは、エースピッチャーの身体の心配です。アメリカのベースボールと野球は違うとよく言われます。日本の野球は精神論で語られることが、昔からよくありました。身体が悲鳴を上げても『気持ちで投げろ』と言う様な。メジャーリーグではPAP(Pitcher Abuse Points)というデータを利用しているようです。投手の酷使度を見る指標で、(投球数-100)の3乗 で、100球未満の場合は0ポイントとして、この数字を累積していくものだそうです。これを、ベスト4が出揃った時点で桐蔭高校のエース福島投手と三重高校の今井投手で比較すると、2枚エースの一人である福島投手は、16万ポイント、一枚エースの今井投手は43万ポイント、20万ポイントを越えるといつ故障してもおかしくないレベルだそうです。
甲子園大会だけでも、これ程の酷使ですから、その前の地方大会も含めれば、身体へのダメージは相当なものだと思います。たまたま、楽天からヤンキースに入団した田中将大投手は大活躍ですが(現在故障者リスト入り、昨日バッターを立たせて投球練習開始)、甲子園を制した松坂投手や桑田投手は、もし甲子園のあの酷使が無ければ、もっと球速も伸び、歴史に残る様な長年に渡る活躍が見れたのではないかと考えてしまいます。
確かに、ベスト8からの連戦を避ける為に1日の休みを挟む様になりましたから、多少の負担軽減にはなっていると思いますが、それでもまだまだ改善すべきだと思います。
いや、野球を生涯続けるつもりはなく、この甲子園で優勝することの方が価値はあると言われればそれまでですが。



湿舌

Sさんの仰る通り、あまりにも偶然に早朝からこんなに雨が降ってくれるとは、驚きながらも喜んでいました。

雨中の茶園です。畝間もしっかり潤っていて安心しました。昨日は、暑さと日照りでうなだれていたお茶の芽も、この様にシャキッとしていました。

しかし、朝ウェザーニュースの雨レーダーの画像は黄色と赤で、しかも短時間豪雨の特徴の一つの形に似てたので、ひょっとすると、豪雨になるかもしれないと思いました。

上の図の様に、特に高温多湿の空気の流れが舌の先の様になることを湿舌(暖湿流)と言うそうです。

これが気象庁発表の今日午前9時の天気図です。上の湿舌の図と似ていて、南からの高気圧の高温多湿の空気が、前線に向かって南西方向から、北東方向に流れ、湿舌を作りやすい条件がありました。幸いにも雷を伴いながら、積乱雲は順調に北上して、豪雨に至らずホッとしました。
我が家の簡易雨量計では、32mm、夕方の雨が2mm、今夜もこれから少し降ってくれそうです。茶の木も私も乾涸びずに済みそうです。

ツバメ - 2

昨日まで、徒長枝落としをしました。ですから、この記事は昨日公開しようと思いましたが … 都合により本日となりました。

写真中央付近の黒い物体がツバメです。この日、私が例の斜楽で徒長枝を刈り落としていると、大きな音のする機械の周りを数羽のツバメが低く旋回するように飛んでいました。そして、機械が茶の木を揺らしたことで驚いた虫が、茶の木の畝の裾から上に舞い上がって逃げようとした時、見事に1羽のツバメがそれを捉えて飛び去りました。たまたま、燕返しのように、虫の動きに合わせて、身体を翻して捉えたので、ハッキリ目撃できました。刈り落としが終わった後も、ツバメ達は低空飛行で茶畑や茶草場の上を飛び回り、獲物を捕らえているようでした。
ところで、『ツバメが低く飛ぶ時は、雨になる』という諺をご存知でしょうか?
獲物の虫達が、雨の前の湿度の高さで、身体に水分が多く付いて高く飛べなくなるからだそうです。つまり、科学的にも信憑性の高い諺です。
しかし、昨日はとても雨が降るような兆しはなく、記事にしませんでした。しかも、ツバメ達が捕食していた虫の多くは、記事でも紹介したアオバハゴロモという虫で、それ程高く飛ぶ虫ではありません。何かの刺激が無ければ、茶のなどの幹にとまって、ジッとしています。
ところが、今日も昨日より更に多いツバメの集団が、近くの茶畑の上を、茶の木の高さスレスレに飛んでいました。
この時点でのテレビの天気予報は、明日はくもりで降水確率30%。夕方、ポツポツと雨粒が落ちてきましたが … 今夜から明日にかけて、雨が降ってくれるでしょうか?(豪雨の被害に遭われた地域のみなさんには、大変申し訳ありません。)… 夕方の天気予報、くもり時々雨降水確率50%、40%に変わっていました。

斜楽

今日も一日、徒長枝の刈り落としをしました。今日は、我が家で4年ほど前から使用している『斜楽』という乗用摘採機を紹介します。あの江戸時代の有名な浮世絵師、東洲斎『写楽』とは字が違います。下の写真が『斜楽』です。

2人で持って刈る摘採機を取り付けてお茶を刈るだけの単純な機械です。乗用とは言え、クローラーの上に立ったまま乗るので、普通の乗用摘採機を使っている方々が羨ましく思うことがあります。
しかし、これを使用する、それなりの理由があります。次の写真をご覧下さい。

逆光で分かり難いかもしれませんが、左右の支柱が傾いているのがお分かりでしょうか?このように、この摘採機は、支柱を最大25°まで傾けることができます。すると、

このように、普通の乗用摘採機では転倒してしまうような傾斜地の畑でも刈ることができます。
規模の記事でも述べましたが、このような傾斜地の畑の維持、管理、摘採を少しでも効率的に行い、今後も継続していきたいと考えていますので、取り入れました。
と言うわけで、『斜楽』は『斜』面でも『楽』にお茶刈りができる と言う意味だったのです。

徒長枝

今日は、『徒長枝』を刈り落とす作業をしました。徒長枝というのは、周りの芽に比べて、極端に長く伸びた芽のことです。これをそのままにしておくと、更に周囲の芽より長く伸び、9月下旬から始まる秋冬番茶の品質を落としてしまいます。更に、茎の太さも周囲より太くなるため、来年の一番茶の芽も揃わなくなります。ですから、この時期にこの徒長枝を刈り落としています。

上の写真を見て下さい。向かって左側の畝と右側の畝、違いがお分かりでしょうか?ちょっと、撮り方が悪かったので分かりにくいと思いますが、左側が徒長枝を刈り落とした畝で右側がこれから刈り落とす畝です。この畑は2番茶を摘採した高さから13cm高い位置で刈り落としました。ですから、徒長していない芽は、ほとんど無傷です。
徒長枝が周りの芽をさておいて、大きくなるということは、他の芽より沢山の養分を消費してしまうので、益々周囲の芽との格差が広がってしまいます。ここで、この徒長枝を刈り落とすと、その成長が止まり、養分が他の芽に行き渡り、芽が揃って伸びてくるようになるという訳です。
しかし、茶の木にしてみると、それなりの理由で徒長枝を伸ばしているのでしょうから、余計なお世話かもしれませんね。畑の茶の木の畝は、均一な盆栽を整然と連ねたようなものかもしれません。

テッポウユリ


今日は、稲刈りの予定でした。… が、昨夜の雨で稲穂が濡れていて無理と言われ、断念しました。我が家では、近くで大きなコンバインや田植え機を持っている方に、田植えと稲刈りをやって頂いています。我が家のみならず、近所で効率の良い大型の機械を持っている方に田植えや稲刈りをお願いしている家が多いです。
…と言うわけで、茶草場の草刈りをと思って茶畑に行くと、

茶畑の法面に上の写真の様に沢山のテッポウユリが綺麗に咲いていました。昨年は、この反対側の道路の法面に少し咲いていましたが、今年は両面にビッシリ!
ここの草を刈ろうとして来たわけではありませんが、これだけ美しく咲き揃っていると、草刈り機を入れる気持ちになれません。
こうして、ヒトに刈ることを思いとどまらせて、沢山の種子を周囲に撒き散らして、種を残しているのでしょうね。テッポウユリの作戦勝ち … ですか ?
それにしても、思いもよらない景色に、しばし、うっとり でした。
さて、今夜、明日の天気はどうなるでしょう? 稲刈りには好天が、茶畑には雨天が … それにしても、予期し難いこのところの天候ですね。

芋掘り - 5

クローバーさんの仰る通り、世間は今お盆です。ところが、当茶農協の地区は、お盆が7月なので、普通に仕事していました。
今日は、今年から借りている畑(芋掘りで紹介した畑です)に堆肥を入れたので、管理機で下の写真の様に土と堆肥を混ぜる作業をしました。

この作業自体は直ぐに終わる仕事でしたが …
前回の記事で紹介した芋蔓が、またまた沢山元気に成長していたので、ほとんど芋掘りに時間を費やしてしまいました。
実は、今回の芋掘りは、この畑で5回目です。ですから、芋掘りの記事としては2回目ですが、『芋掘り - 5』としました。
少ないながらも、最近の雨で『雨後の筍』ではなく、『雨後の山芋』のごとく、茶の木の上に蔓を伸ばしていました。

最初の1時間ほどで、これぐらい収穫できました。その後も … 数え切れないほど掘りました。この時期くらいまでに取っておかないと、例の『ムカゴ』という芋の実が葉の付け根につき始め、その頃蔓を取ろうとすると、その実が落ちてしまいます。ですから、この時期になんとしても取っておきたいのです。

しつこいですが、上の写真を見て下さい。蔓を取りながら気づいたのですが、この畑の芋蔓は全て下から見ると、右回りにお茶の茎を回りながら伸びていました。そう言えば、アサガオもそうです。
北半球の低気圧(温帯低気圧も熱帯低気圧も、上から見ると左回り(反時計回り)ですが、地表から見上げれば右回り(時計回り)です。台風も同じです。これは、地球の自転に伴う例の『コリオリの力』という慣性力の影響です。空気にしてみれば、気圧の低い所に一直線に進んだつもりが、その地点が自転に伴って動いているので、北半球では低気圧の中心よりズレてしまいます。そのことによって渦ができます。まるで芋蔓が旋回しながらの伸びる様に。
ひょっとして … 芋蔓もこのコリオリの力を感じ取って、北半球では全てこの様に巻きついているのか?
と思って、調べてみたら … 芋蔓や幾つかの種類の蔓植物は … 右回りも左回りもあることが分かりました。
思いつきの仮説?が覆されて残念でしたが、では、何が蔓の巻き方を決めているのでしょう???
後半は独り言になってしまいました。

静高 、残念 !


静岡県代表静岡高が星稜高校に敗れた瞬間です。大変良い試合でした。どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。静岡県人とすれば、エースピッチャーの精神的強さやコントロールの安定感を考えると、試合前半のゲーム運びを見る限り、静高の勝利は堅かったと思いました。が、ほんのちょっとしたミスとそれに乗じて、チャンスをものにした星稜が勝利を掴みました。しかし、これが野球ですね。正にハラハラ、ドキドキの好ゲームでした。静高の皆さん、県代表として、素晴らしい試合をありがとう。
甲子園での一回戦は、このような試合になりがちです。今日の他の3試合も同様でした。県予選を経て、不慣れな球場の最初の試合、どちらが主導権を握るか、それを相手がいつ取り返すか。いずれにしても、負ければ終わりですから、プロ野球のリーグ戦とは違います。試合を観戦しながらの一喜一憂は、独特の魅力があります。明日からの甲子園からも目が離せません。

プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR