FC2ブログ

火星

間もなく二番茶の季節です。二番茶に向けての茶園管理も最終段階です。我が家の前を流れる小川には、毎晩ホタルが飛び交って輝いています。そして、空に目をやると、南東の空に一際明るく赤く輝く赤い星が見えます。今マスコミでも報道されている火星です。

(Wikipediaより)

(AstroArtsより)
上の写真の左下(南東)にある赤い星が火星です。火星は地球の外側を周回する惑星で、この2つの星の距離は絶えず変化しています。それが今、ほぼ2年と2ヶ月ぶりに太陽から見るとこの2つの惑星がほとんど同じ方向にあります。ですから、2つの星は最も距離が近い位置にあるということです。そして、最接近するのが明後日の5月31日の火曜日だそうです。ここ数日、当地菊川市は天候が思わしくありませんが、この一際明るい赤い火星を是非観て下さい。ホタル光と一緒に楽しむのも良いと思います。因みに、現在の火星と地球の距離は約7,500万kmだそうです。この距離で『接近』?と思ってしまいますね。地球と月の距離の200倍近い距離ですから。しかし、火星と太陽との距離は2億3000万kmもありますから、地球と火星が互いに太陽の反対側にある時には3億8000万kmも離れています。これと比べれば大変『近い』と言えますね。
また、火星だけでなく、直ぐ近くにはその名前がこの火星に対抗するものという意味のアンタレスという赤い星のさそり座のα星、更に土星、そして、目を西に移すと木星が見られます。実際に空を見ると牛飼い座のアルクトゥルスを頂点にして火星と木星を結ぶ線を底辺とした二等辺三角形のように見えます。そして頂点のアルクトゥルスから底辺に垂線を下ろすと、その交点がおとめ座のスピカです。最接近は明後日ですが、暫くはこの位置関係で見られます。組合員の皆さんも二番茶前の好天の夜のひと時、天体ショウを家族揃って楽しんで下さい。

お茶を楽しむ会


今日は、地元の公民館に市内の皆さんをお招きして、お茶を楽しむ会を開催しました。今日は気温も高く、当茶農協の深蒸しの新茶を冷茶で楽しんでいただきました。皆さんにお茶の淹れ方を説明しているのは、インストラクターの資格を持つ当茶農協の組合長です。





紙コップでしたが、公民館の間近にある当地では有名なグリフォンという洋菓子店のお菓子をお茶菓子として楽しんでいただきました。

同時に、このように当茶農協の新茶も販売させていただきました。

前回の記事で紹介させていただいた大先輩の茶寿の記念新茶も、

そして、会が終わると…

皆さん、沢山ご購入いただき、ありがとうございました。
プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR