FC2ブログ

天気…異常



(日本気象協会)
上の図はこれから3ヶ月後の4月までの気象予報です。正直なところ、ゾッとします。私達農家は、四季が毎年同じ様に繰り返されることを前提にして農作業を行なっています。多少の気温の変化や降水量の増減は覚悟していますが、これほど大きな変化には恐怖すら感じます。
この理由は、下の図の様に、日本の南の太平洋の海水温が例年に比べて高く、偏西風が日本列島の北側を通っているために大陸からの寒気が南下できないからだそうです。


(日本気象協会)
毎日茶園の様子を見ていますが、最も寒い1月の末だというのに、雑草が大きく元気に伸びてきています。気温の高さと降水量の多さが原因であることは間違いありません。そして、その降水量の多さが、もう一つ厄介な問題を引き起こしています。それは猪🐗です。茶草葉農法を以前紹介しました。茶の木の畝間にススキや笹など敷いて、保湿効果や土壌流出防止、防草効果 等々を得る農法です。最終的には、茶の木が吸収できる有機質に分解されますから、その効果は多岐に渡り、毎年冬のこの時期に行っています。ところが、今年は雨が多いので、茶草を敷いた畝間はその保湿効果のためミミズの生育を促し、それを狙って畝間に頻繁に猪🐗が入って荒らします。12月から今日まで、茶草を敷くことを我慢して、猪🐗対策に明け暮れています。茶園管理作業が例年に比べて大変遅れています。
猪の被害も含めて、私が農業を始めた頃はなかった問題が大変多くなってきました。それでも、この気象変動による影響は、雪不足により今シーズンの営業を断念されたスキー場の皆さんに比べれば些細な問題だと思います。4月の一番茶に向けて、やれることを着実に行うしかありません。
プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR