FC2ブログ

春 … 新型コロナウィルス



今年も、当茶農協の茶園に春がやってきました。

茶の新芽も元気に伸びてきました。1月から2月中旬頃までの平年を上回る天候により、芽の伸育が早まり、霜による被害を心配していました。その後3月中旬頃まで、比較的低温の日々が続き、ほぼ平年並みの摘採・製造となりそうです。
私達、農家にとっては、季節の移り変わりが毎年同じように繰り返されるのが何よりです。
ところが、今は 全世界が 新型コロナウィルスの流行という大きな問題に直面しています。


(Wikipediaより)
このウィルス、大きさは50~200nm(ナノメートル)だそうです。1nm=0.000001mmということなので、0.00005~0.0002mmとなります。こんなに小さく、しかもウィルスは細胞がないので、生物・非生物の存在とされているそうです。この様な存在に地球上で最も進化した生物の頂点にいると自負して?きた人類が翻弄されるとは…。
私達茶農家は、今のところこのウィルスに感染する危険性は低い日々を過ごしています。毎日茶園に足を運び茶園管理作業に勤しんでいます。周囲を見渡しても、時々100m以上離れた畑で人を見かける程度ですので。そして 何より私達には強い味方がいます。それは、既に様々なメディアで報道されている緑茶カテキンです。コロナウィルスへの効果は証明されているわけではありませんが、インフルエンザウィルスへの効果は証明されています。


(Wikipediaより)
上の写真はコロナウィルスの構造図です。表面の赤い突起がスパイクタンパクと呼ばれるもので、コロナウィルスに限らず他のウィルスにもあります。このスパイクの働きでウィルスが喉に付着し、体内に侵入するのだそうです。緑茶に含まれるカテキン、特にエピガロカテキンガレートはこのスパイクに作用して体内への侵入を防ぐのだそうです。
マスク装着、手洗い等を確実に行うことが前提ですが、それでも侵入してきたウィルスを瀬戸際で防ぐのは緑茶によるうがい又は、短時間に少量の緑茶を飲む習慣が効果的だそうです。カテキンによって洗い流されたウィルスは胃で胃酸により死滅するとのことでした。是非、皆さん意識的にお試しください。
世界各国でこの新型コロナウィルスのワクチン開発が急速に進展しているとのニュースも流れています。大きな試練ですが、図らずもこのウィルスによる災禍は、私達に世界各国が緊密に結びついていることを明らかにしました。一刻も早く、全世界が連携してこの極微小な悪魔を根絶できる日が来ることを願っています。
プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR