FC2ブログ

節分 立春


(AstroArts 今月の星空 より)
明日(2月3日)は節分で、翌日(2月4日)は立春です。旧暦では、それぞれ12月15日と16日です。昔から2月3日は節分で、4日が立春だと決まっていると思っていましたが、2025年の節分は2月2日だそうです。節分は、春を迎え新しい一年の始まりの前に邪気を払うための行事をする日で、立春は季節が冬から春になったその日を指すのだそうです。春になった最初の日なので、まだ寒くて当然ですね。猛吹雪の北海道の皆さんにしてみれば、春の文字に違和感を感じておられるかもしれませんが。
上の図は、2月15日の夜8時の星空です。南には冬の星座オリオン座や冬の大三角形が見えます。まだまだ星空は冬ですね。実は、この寒い冬空ですが、日没直後には『宵の明星』の金星が輝いています。一番星ですから、西の空を見れば否応無しに真っ先に目に入ってきます。(上の図は8時なので、金星はありません。)その金星の真上には、赤い惑星 火星が見えます。明るさは、金星に比べるとかなり暗いのですが、よく見えます。この金星と火星は22日に大接近しますし、前日には三日月も接近して夕空を飾ります。そして、金星や火星が西の地平線に沈むと、東の空には春の星座、獅子座が見えてきます。その獅子座の一等星 レグルスの直ぐ前に、一際明るく輝く星があります。これが木星です。まだまだ寒い日々が続きますが、温かくして星空を眺めてみてください。
立春には、『立春大吉』という御札を家に貼る風習があるそうです。この立春大吉を縦に書くと左右対称ですね。昔、この御札が貼ってある家に鬼が入りました。鬼が振り返ってその御札を裏から見たら立春大吉で、家に入る前と同じだったので、入るつもりで出て行った という逸話が残っているそうです。
2015年も1ヶ月が過ぎ去りましたが、六郷茶農協でも、この節目の日に『立春大吉』の御札を貼ってみようかと…。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR