FC2ブログ

お茶プレッソ - 2


昨年暮れから今年にかけて、肘痛に悩まされています。昨年秋から冬、茶草場農法に勤しみ、草刈り機で沢山のススキやササを刈り取ったことによるのかもしれません。病院も考えましたが、最近は、やや痛みも軽くなってきましたのでそのままにしています。
ところが、この1年間を振り返ると、身体が 楽 です。昨日は春肥を散布しましたが、昨年までと比べて随分身体が動いていることに気づきました。それは、体力が付いたから … ではありません。残念ながら、そのような年ではありませんから。
では、何故だろうと考えてみると…昨年までと生活習慣で大きく変わったのは、上の写真の『SHARP HELSIO お茶 PRESSO』で、我が六郷茶農協の深蒸し茶を抹茶にして毎日飲み始めたことです。冬は、牛乳をレンジで温めてホット抹茶ラテにして水筒に入れて休憩時間に飲んでいます。そう言えば、昨年7月に3年ぶりに受けた人間ドックの検査結果も、3年前と比べてかなり改善していました。その時は、久しぶりの人間ドックで、結果を聞くまでは大変不安だったので、ホッとして理由までは考えませんでした。
しかし、これらは所謂状況証拠と言うものに過ぎません。それでも、SHARPさんが仰る通り、煎茶の有効成分を全て体内に取り込めるのですから、その可能性は高いと信じます。
そこで、SHARPの関係者の方々にお願いがあります。このお茶プレッソ、業務用の機種の開発をしていただけないでしょうか?今、コンビニに行くと、淹れたてのコーヒーは飲めますが、淹れたてのお茶を飲むことはできません。コーヒーほど簡単ではないことは分かりますが、そこは世界のSHARP、必ず開発できると思います。既に、研究開発をされているとしたら申し訳ありません。
以前の記事でも語りましたが、若者の煎茶離れは顕著です。かと言って、若い人達に健康に良いから急須でお茶を飲もうもの掛け声も現実にそぐわないと思います。気軽に飲めて、美味しくて、気づいたら健康になっていた だと思います。
そして、このお茶プレッソを使い始めて、逆に急須で淹れる深蒸し茶のさっぱり、すっきりの美味しさがより明瞭になりました。農作業中は抹茶ですが、三食の後は必ず急須で淹れたお茶です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR