FC2ブログ

12月15日


これは、12月12日の朝の茶畑の様子です。ほとんどの畑が霜に覆われています。このところ、冬型の気圧配置の日々が多く、朝はこの様な景色になることがよくあります。
しかし、今日、12月15日、茶畑の防霜ファンの柱と茶の木の間にこんな生き物まだ生きていることに気づきました。

拡大すると、

ジョロウグモです。気温が0度以下になる様なこの時期に生きているはずがないと思って触ってみると、脚が3本失われているにも関わらず、ちゃんと動いて反応しました。自宅に帰って調べてみると、やはり成虫の生存期間は通常11月頃までだということでした。ただし、最近では、時々12月に入っても見かけることがあるそうです。地球温暖化の影響だそうです。
それにしても、今日は12月15日です。こんな寒い日まで生きているとは驚きです。この1匹のクモは、秋当番茶後の秋整枝の時に見つけて、茶園管理作業でも巣を壊さないように気を遣っていました。私達にとっては大変頼りになる存在です。最近増え始めたチャトゲコナジラミなどの害虫を沢山捕食してくれますから。
明日もこの畑の近くで茶草を刈る作業をするので、生きていてほしいと思っています。
また、こんな生き物も見つけました。次の写真の中にいます。お分かりでしょうか?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

写真の真ん中に何かいる!
プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR