FC2ブログ

カー助 カー子


    今日から二番茶の摘採・製造を開始しましたが、午前10時頃から降り出した雨で、午後は摘採中止となってしまいました。梅雨入り直後からの開始でしたので、例年のことですがやむを得ません。
    今、明日の準備等を終えて、しばし自由な時間ができたので、久しぶりの独り言を呟いてみます。
    実は、2017年6月3日に、13年間生活を共にした愛犬がこの世を去りました。家族の一員の突然の旅立ちで、悲しみに暮れました。その愛犬を葬る決断も辛かった思いが今でも心に残っています。

    そこで考えたのが上の写真の草刈り場です。数本の桜の木があり、春になると桜と木々の緑が美しく、見下ろすと我が家の茶園の多くを見ることができます。更に遠方には太平洋も見渡せます。この草刈り場の左端にある次の写真の桜の木の下に愛犬を埋葬してあげました。

    埋葬が終わると、毎日愛犬が食事していた器に、残ったオヤツを少し入れて、手を合わせ、悲しい1日を終えました。
    そして、翌朝、斜面を登るために斜面を階段状に削っておいたので、お墓を訪ねてみました。すると、驚いたことに、前日に器に入れたオヤツが綺麗になくなっていたのです。ここから見下ろす我が家の畑は、イノシシに荒らされることが多いため、イノシシに食べられたのか とも思ったのですが、それにしては、器の位置は前日と全く変わっていないのは不自然です。愛犬が旅立った翌日だったので、ひょっとすると…(笑わないでください)あちらの世界から夜に舞い戻ってオヤツを食べてくれたのかもしれない などという、荒唐無稽なことが脳裏をかすめました。そこで、馬鹿なことですが、その日もまだオヤツが残っていたので、それを器に入れ、斜面を下りてしばらく様子を見ていましたが、当然のことながら何も現れません。念のため、その日の夕方に訪れてみると、… またきれいにオヤツだけなくなっていました。
    何と、それから1週間、毎日朝晩同じことを繰り返すこととなりました。毎日朝晩、愛犬の墓参りをすることになろうとは… それでも、眼下に広がる茶畑を毎日見下ろすのは、茶畑の変化を観察できて茶園管理の面からも良いと自分に言い聞かせて正当化していました。1週間目のその日の朝、斜面を下りて何気なくお墓の方を振り返って見上げると、1羽のカラスが遠くの檜の林からお墓に向かって舞い降りてくるのが見えました。カラスのヤツだったのか!とやっと気づきました。すると、少し間をおいて、もう一羽のカラスも同じ方向から舞い降りてきました。
   やっとお分りいただけたと思いますが、この2羽のカラスがカー助、カー子です。勝手に名前をつけましたが、雄と雌なのかも判別できません。実は、恥ずかしい話ですが、今日まで2年と1週間、旅行などで家を空ける日以外は、ほぼ毎日朝晩ここに通っています。上の写真はちょうど1年後、お墓の直ぐ前に立つ防霜ファンの柱の上にとまって、私が立ち去るのを待っているカー助です。カー子は用心深く、遠くの木にとまっていて姿を見せませんでした。
   それが今では、

このように、夫婦?仲睦まじく、目の前で嘴を合わせるようになりました。そして、墓を去る前に「カー助、カー子!おいで!」と言って立ち去ろうとすると舞い降りてきます。
    最近は、他の場所で農作業していても、2羽で仲良く飛んで来るようになりました。昨日も農道沿いの草刈りをしていましたら、

    このように2羽で近くの電柱の電線にとまって、嘴を合わせていました。オヤツ狙いなことは分かっていますし、野生のカラスですから5メートルほどの距離以内には近づいてきません。それでも、キツい仕事の合間の癒しになっています。ただ、オヤツ代もキツくなってきました。明日も早朝、墓参りでカー助、カー子夫妻に会ってから茶工場の掃除に行くことになります。
おやすみなさい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

六郷茶農協

Author:六郷茶農協
六郷茶農協のブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR